tech note

インフラ技術や車についてつぶやいていくブログ

EX、SRXでCommitのタイミングでConfigをリモート保存する方法

f:id:tea_cat:20180913014957j:plain

コマンド

> show configuration system archival
configuration {
    transfer-on-commit;
    archive-sites {
        "pasvftp://admin@192.168.1.1/home/config" password "$9$PASSWORD"; ## SECRET-DATA
    }
}

上記にてCommitのタイミングで「192.168.1.1:/home/config」へConfigがFTP転送され保存されます。

www.juniper.net


Configが自動保存されない場合、ゴミファイルが残っている可能性があります。

ログ

Oct 18 15:04:46.468 2018 ex4200 mgd[15905]:%INTERACT-4-UI_COMMIT_COMPLETED: commit complete

Oct 18 15:05:10.735 2018 ex4200 logger: %DAEMON-3: transfer-file:
file /var/transfer/config/ex4200_20181010_074325_juniper.conf.gz not found

通信有無確認コマンド

> monitor traffic interface vlan matching "port ftp"

一時保存場所

/var/transfer/config


一時保存場所にゴミファイルがある場合以下にて削除する事でうまくいく事があります。

修正方法

確認

> file list /var/transfer/config/

削除

> file delete /var/transfer/config/*

再度commit実施