tech note

インフラ技術や車についてつぶやいていくブログ

【ブログねた】いつからそのドメインだと錯覚していた!?【ドメイン変えました】

f:id:tea_cat:20180911041702j:plain

きっかけ

ドメインを変更したいのですが、古いドメインにどうしてもアクセスが寄るのを防ぐ方法は無いかなーて考えてました。

HTTPなら、普通にリダイレクトすればいいけど、そうするとURIが引き継がれないからNG。
そもそもはてなブログはHTTPに変更できないし。

で、HTTPSでのURIを維持したリダイレクト方法をご説明しようかと

方法

まず以下を揃えます

  • データセンター
  • BIG-IP

DCは家庭用サーバでも良いかもしれませんね。BIG-IPはどなた様もお持ちですよね。

フロー

when HTTP_REQUEST {
    set URI [HTTP::uri]
    if { [string tolower [HTTP::host]] starts_with "www." }{
        HTTP::redirect https://www.sv-cat.net$URI
    } elseif { [string tolower [HTTP::host]] starts_with "blog." }{
        HTTP::redirect https://www.sv-cat.net$URI
    } elseif { [string tolower [HTTP::host]] starts_with "cat." }{
        HTTP::redirect https://cat.sv-cat.net$URI
    } else {
        reject
    }
}

問題点

レコード変更から、はてなブログ独自ドメイン更新までの間どうしてもアクセス不可な時間帯が発生してしまいます。
これはしくみ上しかたないです。

はてなはすぐに新ドメインの環境が用意出来ないのか、独自ドメインあて通信を自身のドメインにリダイレクトするんですね。

リダイレクトを受けてる時点で証明書は用意できているはずなのになぜでしょう。

これは時間が解決してくれるのを待つしかなさそうです。

まとめ

以上で、ユーザに意識させず、GoogleSEOもそんなに考えずにドメイン変更出来ます。

ドメインは一回決めてしまうとなかなか変更出来ないものですが、初期の頃は色々迷うところ。

参考になればと思います。BIG-IP持って無くても、Apacheで頑張ればなんとかできるかと。。。

DNSレコードを変更する際は、事前にTTLを最小に変更しておきましょう。

以上