tech note

インフラ技術や車についてつぶやいていくブログ

SSHコマンド -o で指定可能なオプション色々

f:id:tea_cat:20180913013643j:plain

無通信状態でセッションTimeoutになるのを防ぐ

FW等とログインしていると、無通信時間でセッションがタイムアウトし、コンソールが
固まってしまう事があります。以下オプションでそれを防げます。

ssh -o ServerAliveInterval=60 -o TCPKeepAlive=yes XXX.XXX.XXX.XXX

ServerAliveInterval=60

SSHの応答確認する間隔を60秒にします。
デフォルトは0秒でSSHの接続性確認を行いません。

TCPKeepAlive=yes

TCPのKeepAliveを有効にします。

初めて接続するサーバで確認を出さない

SSHで初めて接続するサーバ(known_hostsに無い)場合接続前に確認が出ます。
いちいちyesを入力するのが面倒な場合、以下コマンドで接続確認をキャンセルでき、
且つknown_hostsへ記載しません。

ssh -o UserKnownHostsFile=/dev/null -o StrictHostKeyChecking=no XXX.XXX.XXX.XXX

UserKnownHostsFile

known_hostsファイルを/dev/nullに指定

StrictHostKeyChecking=no

厳格なホストKeyチェックをしなくします。